災害救助犬訓練士 になるには

災害救助犬訓練士になるにはどんな努力が必要なの?

災害救助犬訓練士になるにはどんな努力が必要なの?

 

災害救助犬

本来犬は、

 

狩猟や番犬として外で飼われていました。近年では愛玩動物として、
家族の一員となり、部屋の中で飼われるようになってきました。

 

犬が人と一緒に生活するためには、
基本的なマナーを覚えさせなければいけません
時には訓練士にお願いすることもあります。

 

家庭犬に訓練するルールの、
さらに高度なことを教え、
災害救助犬や警察犬を育てていきます。

 

阪神淡路大震災や東日本大震災、広島土砂災害
災害救助犬の活躍が、ニュースで流れてきました。

 

足を怪我して血だらけになっても、雨やドロで身体が濡れても、
寒さや暑さの中でも、体力の限界まで、命を探し続けます。
懸命に働くその姿は小さな、いえいえ大きなヒーローです。

 

 

このような災害救助犬を育てる、
訓練士になるには、高度なスキルが必要です。

 

まず、心から犬を愛する気持ちが大切です。
また犬は言葉を持ちません。
人とのコミュニケーションが、
きちんと取れない人はまず無理です。

 

犬の性格や性質、犬種の特徴を把握します。

 

その上で、愛情と情熱を持って犬と心を通わせて、
始めて訓練への道が開かれます。

 

犬は社会性豊かな、個性のある賢い動物です。
マニュアル通り行うことは出来ません。
工夫やこつをつかまないといけません。

 

FCI国際訓練試験を受け、公認訓練士となれば、
世界各国で活動支援が出来ます。

 

災害救助犬訓練士は、
動物愛護思想を基本に、高い理想を持ち、
活躍することを求められています。

 

 

ところで災害救助犬訓練士って
お給料はいくらくらいもらえると思いますか?

 

こちらで詳しく説明しました。

 

↓ ↓ ↓

 

災害救助犬のお仕事は給料をいくらもらえるの?

 

 

 

‘ペット’通信講座で資格取得

 

↓ ↓ ↓

 



 

トップページに戻る

スポンサードリンク

関連ページ

災害救助犬のお仕事は給料をいくらもらえるの?
災害救助犬のお仕事は給料をいくらもらえるのか?わかりやすく説明しました。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧