自然保護官 倍率

自然保護官の倍率はいくら?|環境省の採用実績から

自然保護官の倍率

 

自然保護官は毎年何人誕生していますか?

そもそも倍率っていくらですか?

自然保護官になるには、国家公務員試験の農学か林学に合格し
そのうえで環境省に採用されることが条件です。

 

 

そこで、過去のデータをご紹介します。

 

 

国家公務員総合職(国家一種試験)の倍率は?

 

()は女性です。

 

 

平成22年度
申込者26888人(8212人)
合格者1314人(272人)
合格率4.8%
倍率20.4倍

 

平成23年度
申込者27567人(8567人)
合格者1390人(274人)
合格率5.0%
倍率19.8倍

 

 

このうち環境省に採用された、つまり自然保護官になった人数
()内は女性
平成22年度
7人(2人)

 

平成23年度
7人(3人)

 

つまり、平成22年度は国家公務員一種試験に26888人受験し、合格者は1314人、
そのうち、7人が環境省に採用されたので、
計算式はあまり意味がないものの、
7人÷1314人×100(%)=0.53%
倍率188倍

 

 

平成23年度なら、国家公務員一種合格者が1390人で7人が環境省に採用されてますので
7÷1390×100%=0.50%
倍率は200倍

 

 

まぁ、国家公務員一種合格者全員が環境省を志望していないので
本当の意味での合格率や倍率ではありません。

 

 

ですが、そもそも国家公務員一種に合格するには
少なくとも平成22年度で20.4倍、平成23年度で19.8倍ですから
自然保護官になるには20倍くらいの倍率があることは確かです。

 

 

 

自然保護官になるには、かなり難しいと感じたかもしれませんが、
しっかりとした対策をすれば、努力次第で合格できます。

 

↓ ↓ ↓

 

公務員試験一発合格したい方はこちら

 

 

 

 

私には無理だ!」って感じてしまった方、
国家公務員でなくても、地方公務員で自然保護官よりも採用されやすい職業もありますよ。

 

↓ ↓ ↓

 

詳細はこちら

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

自然保護官の年収ってこんなに高いって本当?
自然保護官の年収は想像以上に高いです。では、自然保護官の年収っていくらか?詳細に記載します。
自然保護官はどんな仕事をしているの?
自然保護官はどんな仕事をしているのか?わかりやすく解説しました。
自然保護官として採用されるまでの険しい道のりとは?
自然保護官として採用されるまでには、険しい道のりが存在します。そこで自然保護官として採用されるにはどうすればよいのか?詳しく解説しました。
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができますか?
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができるのか?わかりやすく解説しました。
のび太の職業は自然保護官って本当?
のび太の職業は自然保護官って本当か調べてみました。
レンジャーと自然保護官の関係とは?
レンジャーと自然保護官の関係についてわかりやすく解説します。
自然保護官になるには?
自然保護官になるにはどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
自然保護官の難易度はどんな感じ?
自然保護官の難易度はどんな感じなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧