自然保護官 年収

自然保護官の年収はいくら?

自然保護官の職場

 

ネットで検索していると、自然保護官の年収が3000万円という情報が掲載されていました。
が、それははっきりいってウソですね。

 

なぜなら、自然保護官は環境省の職員、
つまり、国家公務員であるから、年収が3000万円もらえるわけがないからです。

 

自然保護官の初任給はいくら?

 

前述の通り、自然保護官は環境省の職員です。

 

そのため、自然保護官の初任給(月収)は人事院のデータを参考にすると以下のようになります。

 

・一般職試験・・・17万円
・一般職試験(大卒程度試験)・・・20万円
・総合職試験(大卒程度試験)・・・21万円
・総合職試験(院卒者試験)・・・24万円

 

 

自然保護官の平均年収はいくら?

 

年齢42歳で勤続年数21年と仮定した場合、
年収は588万円となります。

 

内訳としては、月収37万円でボーナスが145万円

 

 

つまり、自然保護官の年収って40代で600万円程度です。

 

これを高いとみると安いとみるかは人それぞれだと思います。

 

ですが、国家公務員ですので、定年後の安定を求めるなら
自然保護官を目指すのは得策だと思います。

スポンサードリンク

関連ページ

自然保護官はどんな仕事をしているの?
自然保護官はどんな仕事をしているのか?わかりやすく解説しました。
自然保護官の倍率はいくら?|環境省の採用実績から
自然保護官の倍率はいくらか?環境省の採用実績からわかりやすく説明します。
自然保護官として採用されるまでの険しい道のりとは?
自然保護官として採用されるまでには、険しい道のりが存在します。そこで自然保護官として採用されるにはどうすればよいのか?詳しく解説しました。
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができますか?
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができるのか?わかりやすく解説しました。
のび太の職業は自然保護官って本当?
のび太の職業は自然保護官って本当か調べてみました。
レンジャーと自然保護官の関係とは?
レンジャーと自然保護官の関係についてわかりやすく解説します。
自然保護官になるには?
自然保護官になるにはどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
自然保護官の難易度はどんな感じ?
自然保護官の難易度はどんな感じなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧