畜産技術者

畜産技術者にまつわる知られざる真実とは?

畜産技術者の仕事

 

 

畜産技術者として働きたいのですが、獣医師資格がないとなれませんか?

結論からすると、公務員として畜産技術者になるために、
獣医師免許は必須ではありません。

 

つまり、獣医師免許がなくても畜産技術者になることは可能です。

 

ですが、獣医師免許があった方が、より確実に畜産技術者になれます。

 

どういうことか?説明するためにも
まずは畜産技術者がどんなお仕事かを解説しますね。

 

 

畜産技術者は、安全で質の良い畜産物を安定供給するために
生産技術などの研究を行い、畜産家に指導するお仕事です。

 

家畜に適した飼育環境、人工授精の方法、病気の予防法などを研究し
畜産農家への情報提供につとめます。

 

また、畜産家の利益向上のために
経営手法なども指導までするんです。

 

 

したがって、畜産技術者のお仕事というのは
牛や豚、鶏などの家畜そのものに関する深い知識から、
病気に関する知識、経営に関する知識と
ありとあらゆる知識が必要となってきます。

 

 

ここで重要なのは、畜産技術者は獣医師でなくてもなれるものの
牛・豚・鶏などの病気に関する知識があった方が
より畜産農家から喜ばれるってこと。

 

 

ということは、畜産技術者を1名募集していたとして
その枠に獣医師免許を持った方と、獣医師免許を持っていない方がいたとしたら
どちらを採用する可能性が高いでしょうか?
ということなんです。

 

 

つまり、畜産技術者になるためには、獣医師免許があった方が
圧倒的に就職に有利だってこと。

 

だから、どうしても畜産技術者になりたいとお考えでしたら
獣医師になるための6年生の大学に入学した方がよいです。

 

 

ともあれ、獣医師になるための大学は学費も高いし
偏差値も畜産学科よりも高いことがほとんどです。

 

ですから、学力的に獣医の大学に入るのが難しいようなら
最低でも大学の畜産学科に入学することをおすすめします。

 

 

 

 

畜産技術者になるには

 

高校の農業課程、大学の畜産系の学科や獣医学科を卒業するのが一般的です。

 

そして、公務員試験に合格後、
職員採用試験に合格する必要があります。

 

最近はバイオテクノロジー技術が進んできたため
牛の受精卵移植や体外受精、クローン動物についてなど
高度な技術なども研究対象になってきています。

 

 

そういった意味では、畜産系や獣医系の大学のパンフレットを集めてみて
牛の受精卵移植などに力を入れているところに
ターゲットをしぼっていくとよいでしょう。

 

↓ ↓ ↓

 



 

 

関連するお仕事に、家畜防疫員や家畜防疫官があります。

 

家畜防疫員・家畜防疫官と畜産技術者は畜産関連のお仕事である点は同じですが
微妙に違うところもあります。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

↓ ↓ ↓

 

家畜防疫員・家畜防疫官になるには?そもそも違いは?

スポンサードリンク

関連ページ

家畜防疫員・家畜防疫官になるには?そもそも違いは?
家畜防疫員や家畜防疫官になるにはどうすればよいのか?また、家畜防疫員と家畜防疫官の違いとは何か?もわかりやすく解説しました。
アクアリウム技術者になるには?仕事内容は?
アクアリウム技術者になるにはどうしたらよいか?また、アクアリウム技術者の仕事内容についても一緒に解説しました。
初生雛鑑別師になるための養成所ってどういうところ?
初生雛鑑別師になるためには養成所を卒業しないといけません。では、初生雛鑑別師になるための養成所ってどんなところなのか?わかりやすく解説しました。
水産技術者になるには?仕事内容は?
水産技術者になるにはどうすればよいのか?また水産技術者の仕事ないようについてもわかりやすく解説しました。
野生動物リハビリテーターになるには?
野生動物リハビリテーターになるにはどうすればよいのか?わかりやすく解説しました。
野生生物保護技術者になるにはどの大学に行くべきか?
野生生物保護技術者になるために、どこの大学に入学した方がよいのか?わかりやすく解説しました。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧