瀕死 ボブキャット 救助

瀕死のボブキャットを救助!助かるか?

アメリカ・フロリダ州で生後間もないボブキャットたちを発見。
生後間もないということで、自力での生存は不可能と判断し救助しました。

 

続きは動画をご覧ください。

 

 

YOUTUBEで見たい方はココをクリック!

 

動画をご覧になれなかった方は以下文章をお読みください。

 

ボブキャットは、オオヤマネコの仲間で
北米大陸に広く野生動物として暮らしています。
体長65〜 105cmと飼い猫の2倍の体格がある中型獣です。

 

体重は小さいければ6.4s、大型になると25sあるものもいます。

 

ボブキャットの子ども頃は、家族や仲間とともに過ごすのが普通です。
1人では生きていけない動物です。
1匹の孤立した状態は命に関わる大問題となるのだそうです。

 

今回保護されたボブキャットの赤ちゃんは、
沼の中で兄弟たちといっしょにみつけられました。

 

ひどく痩せて、生死をさまよっている状態で発見されました。
手厚い介護の結果、生き残ったのは1匹だけ。

 

身体が弱り切っているうえに、兄弟たちが亡くなり、生きる気力を失っています。

 

ボブキャットの回復には同種の仲間を与えること。
スタッフは他の野生生物保護センターに連絡を取り、懸命に探しました。
そしてついにボブキャットが見つかったのです。
作戦は見事成功、初顔合わせであっという間に仲良くなったのです。

 

これで一安心元気を取り戻す日は近いです。
そして2匹は今後野生に戻る日に向けて、ともに生きていくことでしょう。

 

こちらも参考に!⇒ペット介護士になるにはクレイジーなほどの努力が必要?

 

スポンサードリンク

関連ページ

ペットショップで片目のつぶれた子犬を引き取ってきた理由は?
ペットショップで片目のつぶれた子犬を引き取ってきた理由についてわかりやすく解説しました。
鶏小屋で病気の子猫を保護!その後どうなった?
鶏小屋で病気の子猫を保護しました。その後どうなったのでしょうか?動画で解説しました。
300q歩き続けて飼い主と再会を果たそうとする犬!結果は?
300q歩き続けて飼い主と再会を果たそうとする犬がいました。続きは動画で解説しています。
下水管にはまったある動物を救助!どんな動物を救出した?
下水管にはまったある動物を救助しました。どんな動物を救出したのでしょうか?動画で解説します。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧