自然保護官 採用

自然保護官として採用されるまでの険しい道のりとは?

自然保護官のお仕事

 

 

自然保護官として採用されるまでには
ものすごく険しい道のりがあるんです。

 

自然保護官として採用されるためには
最低でも国家公務員T種試験か国家公務員U種試験に合格しているのが前提だからです。

 

別の記事でも書きましたが、国家公務員T種試験の合格率は約5%。

 

つまり、20人受験しても1人しか受からないということです。

 

 

これを踏まえて、自然保護官として採用されるまでの険しい道のりを
説明しますね。

 

 

国家公務員U種試験に合格し自然保護官として採用されるパターン
仮に高校卒業時に自然保護官を目指す人が1000人いたと仮定

 

高校を卒業(1000人)

 

↓ ↓ ↓

 

国家公務員U種試験を受験(1000人)

 

(平成25年度の場合農業系は242人受験し101人が合格したので
合格率は41.7%)

 

↓ ↓ ↓

 

国家公務員U種試験合格(417人)

 

↓ ↓ ↓

 

環境省の自然保護官として採用

 

高校を卒業して国家公務員U種試験を受けると
約40%の確率で自然保護官として採用されます。

 

 

もちろん、毎年1000人もの人が自然保護官を目指すとは思えないので
417人も自然保護官になれるわけではありません。

 

 

国家公務員T種試験に合格して自然保護官に採用されるパターン
仮に高校卒業時に自然保護官を目指す人が1000人いたと仮定

 

高校を卒業(1000人)

 

↓ ↓ ↓

 

農学系の大学に入学
(大学により異なるが倍率は約5倍)(200人)

 

↓ ↓ ↓

 

農学系の大学を卒業(196人)
(2〜3%は留年し、退学するのが一般的)

 

↓ ↓ ↓

 

国家公務員T種試験合格(9人)
(倍率が約20倍なので、196÷20)

 

↓ ↓ ↓

 

環境省に自然保護官として採用(9人)

 

一般的には国家公務員T種に合格すれば
よほどのことがない限り不採用はあり得ないため
全員が採用と仮定。

 

高校を卒業してから大学に入学し国家公務員T種を受けるなら
1000人いたとしても、9人くらいしか自然保護官になれません。

 

つまり、自然保護官になりたい方が
高校を卒業して国家公務員T種として
自然保護官として採用される確率は約0.9%です。

 

 

だから、どうしても自然保護官として採用されたいなら
大学に行かずに国家公務員U種を受験する方が
最短・最速のルートだと言えますね。

 

 

では、これだけ採用されるのが難しい自然保護官ですが
採用後、どんなお仕事をするのでしょうか?

 

↓ ↓ ↓

 

自然保護官の仕事内容とは?

スポンサードリンク

関連ページ

自然保護官の年収ってこんなに高いって本当?
自然保護官の年収は想像以上に高いです。では、自然保護官の年収っていくらか?詳細に記載します。
自然保護官はどんな仕事をしているの?
自然保護官はどんな仕事をしているのか?わかりやすく解説しました。
自然保護官の倍率はいくら?|環境省の採用実績から
自然保護官の倍率はいくらか?環境省の採用実績からわかりやすく説明します。
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができますか?
自然保護官の資格があるとどんなお仕事ができるのか?わかりやすく解説しました。
のび太の職業は自然保護官って本当?
のび太の職業は自然保護官って本当か調べてみました。
レンジャーと自然保護官の関係とは?
レンジャーと自然保護官の関係についてわかりやすく解説します。
自然保護官になるには?
自然保護官になるにはどうすればよいのでしょうか?わかりやすく解説しました。
自然保護官の難易度はどんな感じ?
自然保護官の難易度はどんな感じなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップページ 動物医療に関わる仕事 動物飼育・しつけの仕事 ペット関連のニュース 目次 ペットの通信講座一覧